2015年12月19日

女性と管理栄養士

管理栄養士は、個人の体の状況や栄養状態などから、必要な食事を判断するため高度な専門知識を必要とします。
特定多数人に継続的に食事を提供する、利用者の体の状況、栄養状況、利用状況、などに配慮した給食を考える、栄養管理上に必要となる指導などを行います。
管理栄養士資格の国家試験は、毎年合格率が20%程度という難関試験です。

女性が転職に、就職に、と管理栄養士の資格を取得する人が、たくさんいます
また、家族のために栄養学を学び、健康的なおいしい料理が作れるようにがんばろうと、主婦でも栄養士の資格取得を目指す人もいます。

しかしながら管理栄養士の資格をとるのは、通信教育ではできず、学校へ通わなければならないという難しさが、主婦にはあります。
そのため通信教育でとれる、栄養士に類似の資格取得を目指す主婦もたくさんいるようです。

例えば「食育実践講座」、「食生活アドバイザー講座」、「マクロビオティック講座」、「幼児食アドバイザー講座」、「スポーツフードアドバイザー講座」、などがあります。
posted by 転職1 at 15:35 | 女性の転職
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。